MENU

勃起不全[中折れ]対策ガイド

男の悩み、勃起不全・・・。

  • 最近元気が出ない
  • ビンビンに立たない
  • 最後まで持たない
  • 挿入中に萎え
  • 硬くならない
  • 持続力がない

このような悩みを抱える男性は少なくない。
これを読んでいるアナタも、何らかの症状を感じているのではないでしょうか。
勃起不全でも「中折れ」の症状が目立っています。また、症状が出ていても、自覚できていないケースもありえます。
症状がイマイチ分からなくても、硬さや持続力などに自信はあるでしょうか?
ないと感じる方は、きっとこのサイトの情報が役立つと思います。

 

このサイトでは、中折れの原因や症状、対策方法、そして効果的なサプリメントをご紹介しています。

 

中折れ対策にオススメのサプリメントBEST3

 

中折れ

クラチャイダムゴールドの特徴

男性の7割が実感!クラチャイダムゴールドは、マカの2倍ものアルギニンを持つクラチャイダムをメイン原料に使用したサプリメントです。
中高年の方に人気があり、勃起不全・中折れだけではなく体調もサポート。いつまでもピンピン、ギンギンに。

価格 8400円
評価 評価5
備考 特典付きキャンペーン実施中!
 

中折れ

マカ&クラチャイダム12000プラスの特徴

マカ&クラチャイダムは、男の元気をサポートする原料をダブル配合しているサプリメント。
圧倒的なコストパフォーマンスで原材料の配合量も豊富。ダブルパワーで元気をサポート。

価格 990円
評価 評価4.5
備考 圧倒的なコストパフォーマンスで急上昇!
 

極GOLDの特徴

みなぎる活力へ。極GOLDは、心因性のEDにも効果的なサプリメント。
ビタミンやミネラル、シトルリン、アルギニン、オルニチンなど勃起を助ける栄養成分がバランスよく配合されています。

価格 13800円
評価 評価3.5
備考 贅沢すぎるほどの成分を配合!

 

EDは他人ごとじゃない?!

■日本人男性はEDが多いってホント

中折れ

男性は年齢を重ねるにつれて、男性ホルモンの分泌量が減少していきます。
そのため25歳前後をピークに精力が減退したり、勃起不全のような症状を経験することがあるでしょう。
40代にもなると、上記のような症状が日常的に発生するということも珍しくありません。

 

大手製薬会社であるファイザーが調査した結果によると、40代の半数以上の男性が勃起不全やセックスに関連する悩みを抱えていることが分かりました。
また40代前後は男性ホルモンの分泌量減少だけではなく、生活習慣病を患いやすい年代でもあります。

 

高血圧、糖尿病、動脈硬化などの症状は、ペニスの機能性に大きく影響を与えますので、よりEDの症状が深刻化しやすいとも言えるのです。

 

このように、日本人男性のEDはごく身近で発生している問題でもあります。
2人に1人が、中折れなどの症状に悩んでいるといっても過言ではありません。

 

他人事として捉え自分には関係がないと考えていると、ある日突然EDになることもあり得るのです。

 

EDは初期段階で素早い対処を行うことが、早期解決につながります。
放置すればするほど症状は悪化し、改善までに時間がかかってしまうのです。

 

最近は20代や30代前半の男性でもEDを患うケースが増えており、その原因のほとんどは生活習慣やストレス、疲労などが関係してるといわれています。

 

特に生活習慣病に関しては、血行不良の状態を招きやすくしてしまうことから、勃起力だけに限らず持久力も著しく低下してしまうことがあるのです。

 

自らの健康を維持ながらEDにならないためにも、原因を特定して適切な対処をすることが重要となってきます。

 

 

■中折れの原因について

中折れ

中折れの原因を究明する前に、まずは勃起のメカニズムを把握しておく必要があるでしょう。
勃起のメカニズムは至ってシンプルです。

 

性的な興奮を感じると、人間の脳は一酸化窒素を体内で発生させるよう陰茎にある神経や血管へ指令を下します。
この時に体内で増加するのが、サイクリックGMPと呼ばれる物質です。

 

サイクリックGMPは、海綿体へ血液を送るために必要な物質であり、勃起する上で欠かすことのできない存在だといえるでしょう。
十分な血液が海綿体へ流れ込むと、今度は陰茎静脈を閉めて勃起状態を維持しようとします。

 

以上が勃起のメカニズムとなりますが、この流れの中でどこか1つでも不具合が生じると、EDの初期症状が発生することになると考えて間違いありません。

 

例えば生活習慣病が当てはまります。
最近は若年層の生活習慣病が増えており、動脈硬化などの疾患をきっかけとしてEDになる男性が増えているようです。

 

ようするに、十分な血液が海綿体へ流れ込まなくなることから、勃起力の低下や持久力の低下を招いてしまうわけです。

 

男性の場合は、加齢と共に精力が衰えて中折れを経験するようになりますが、年齢が若いにもかかわらずEDの症状が発生しているとなれば早めの治療が必須です。

 

中折れ解消にはいくつかの方法がありますが、ED治療薬の利用が最もメジャーな治療法の1つでしょう。
EDの初期症状の段階から治療を受けることにより、血液の循環を促して症状を緩和させることが可能となります。
もちろん、最終的にはEDの症状を解消することもできるでしょう。

 

中折れの悩みはデリケートな話であるため、誰にも相談することができない男性が多いものです。
一人で悩みを抱え込むことなく、異変を感じたら早めに対処することをお勧めします。

中折れの原因と対処法

■ほとんどの中折れの原因は心因性

中折れ

中折れの原因として特に多いのは心因性です。
ストレス、疲労、トラウマなど個人差がありますが、精神面に関わる原因はED治療薬を用いながら改善を図ることが可能だといわれています。

 

勃起力を高めやすいバイアグラ、シリアスを服用すると、薬効により中折れを防ぐことができるのです。
ストレスや疲労が原因で中折れしている場合、そもそもの原因を解決しなければED治療薬に頼りっぱなしになってしまいますが、心身の負担を軽減していく作業を同時に行うようにすれば改善されていくでしょう。

 

それからトラウマやセックスに対する自信のなさからくる中折れの場合は、相手の女性の反応が気になって自力での改善が難しくなります。
そういったときでも、ED治療薬の力を借りつつ自信をつけていくことによって、最終的に中折れを解消することができるでしょう。

 

尚、働き盛りの40代男性は、中折れになりやすい傾向にあります。
なぜなら、多くのストレスや疲労を抱えやすいからです。
著しく体が疲れていたり、常にストレスにさらされている状態が続くと、性欲が高まりづらくなるだけではなく、いやらしい気持ちになった時でさえも仕事のことなどを考えてしまい、中折れが発生しやすくなります。

 

本来、セックスは愛する女性とのコミュニケーション方法の1つであったり、より愛情を深めるための行為だったりするものです。
恋人関係や夫婦関係を続けていく上で、欠かすことのできない重要な行為だといっても良いでしょう。

 

中折れを放置することで、大切なパートナーとの関係が壊れることもありますので、早めに解決を図ることがポイントとなってきます。

 

また心因性による中折れが続くと、男性としての自信を失うなどして悪循環になりがちです。
より症状が深刻化することも珍しくありません。

 

できるだけ治療薬に頼りたくないという男性も少なくありませんし、この程度の症状であればすぐに改善すると甘く考えてしまう男性も多数存在します。

 

だからこそ心因性の中折れを抱えている男性は多く、長期間に亘って放置したことで改善に至らず、私生活や性生活で大きな問題を抱えることが数多くあるのです。

 

心因性による中折れである可能性を感じたら、早めに適切な対処を施すようにしましょう。